塾とは

ラグビー合宿は湯布院高原で

 現在、日本のラグビーの選手強化は、夏の長野県上田市菅平高原が関東、関西の有力大学や実業団の強豪チームが相集う合宿として有名ですが、中・高校生、特に西日本から幅広く選手たちを集めるには、アクセスと収容力の面での限界が指摘されています。
 そこで、湯布院、九重と温泉群があり、九州の避暑観光地と知られる大分県由布市・九重町にまたがる湯布院高原をラグビーの”西日本のメッカ”にしようという動きが出て参りました。
 もともと九州は「ラグビー王国」と言われ、過去も現在も名選手を輩出してきました。湯布院高原は九州山地の北東部に位置し、夏場の夜の平均気温が約13度と夜間の睡眠が十分に取れ、昼間の鍛錬の疲労回復に絶好です。国内、国際の交通事情に優れた福岡市から高速自動車道で1時間余りというアクセスにも恵まれています。
 湯布院・九重町の宿泊収容力は周辺の温泉地を含め、1日で1万人を超え、長期の合宿が可能です。
 実際に選手の人材発掘と練習場と宿舎の斡旋・手配・調整は、一般社団法人「九州ラグビー塾」があたり、鍛錬のフィールドの中心は由布市の山下湖周辺の山林を造成して、木材でつくる収容力10万人の「エコスタジアム」と天然芝10面、人工芝10面の練習をあて、将来的には由布市、九重町の公・民間と合わせて100面にする構想です。

 23年8月上旬、夏の合同合宿の様子

選手発掘から育成・強化そして国際交流

九州ラグビー塾の大きな目的は、ラグビーを通しての青少年の健全育成、体力増強、競技力の向上、7人制男女・女子ラグビーの普及、国際親善です。
 このため

①ラグビーの普及と底辺の拡大

②ラグビー施設の設営、運営

③ラグビー教室、強化合宿の開催、運営

ラグビー教室、強化合宿の開催、運営 ラグビー教室、強化合宿の開催、運営 ラグビー教室、強化合宿の開催、運営

④有望選手の発掘、育成、強化

有望選手の発掘、育成、強化 有望選手の発掘、育成、強化 有望選手の発掘、育成、強化

⑤ラグビー指導者の育成、研修

ラグビー指導者の育成、研修 ラグビー指導者の育成、研修 ラグビー指導者の育成、研修

⑥ラグビー大会の開催

⑦2019ワールドカップと2016五輪の正式種目7人制男女の普及

⑧ラグビーを通しての国際交流
 などの事業を進めます。


元日本代表が指導

 直接の指導に当たるのは、理事塾長に就任した元九州電力ラグビー部監督の桂口力氏、理事塾頭に元九州電力ラグビー部監督で、全国高校ラグビー選手権大会にて福岡市東福岡高校を優勝に導いた川内鉄心氏です。桂口、川内両氏は現役時代に日本代表として数多くの国際大会で活躍し、現場経験の豊富な指導者です。
 このラグビー塾は、若い有望選手発掘・育成・強化に止まらず、指導者やスポーツトレーナーの育成に力を入れます。また、”ラグビー後進国”といわれる東アジアに選手たちを招いて、指導・強化を通した国際交流にも努めます。 

地産地消で地元を活性

 子供たちが湯布院高原で汗を流し、歓声を上げるグラウンドには両親、兄弟、祖父母も多数応援に駆け付けるでしょう。大分自動車道湯布院インターチェンジ・九重インターチェンジに近接する地の利が生き、周辺の観光地にも波及するのは必至です。
 塾に参加する選手たちの食事は、地元大分県産の農畜産物、魚介類を活用した”地産地消”で、参加者や応援の方たちの宿泊斡旋は、地元業界との密接な連携の下、九州ラグビー塾が行います。同スポーツセンターなどの賄い、警備、交通整理等の関連業務では、地元雇用を最優先させます。
 人が集まれば、食を中心とした産業が潤います。宿泊客が増せば雇用が増します。土産物の開発と販売も増えるでしょう。もちろん交通機関の利用が活発化し、スポーツを通した観光振興のモデルケースが誕生するわけです。